アインシュタインの言葉に以下のようなものがある。「問題を20日で解決しなければならないとしたら、私は19日かけてその問題を定義する」この言葉にあるように、全く新しい問題を提起すること自体が問題解決のプロセスにおいて重要である。そのことを再認識した。

クリエイティブな人ほど・・・ ・他人から意見を否定される回数が増える。なぜなら、新しいアイデアを数多く出せることこそ、クリエイティブの証だから。

・他人から意見を否定されることを好む。
 なぜなら、自分のアイデアが進化するいいチャンスだから。

・他の人の意見を取り入れることを好む。
 なぜなら、評価されるのが自分の意見かどうかが重要なのではなく、世の中にインパクトを与えるアイデアをつくりあげられるかどうかが重要だから。

・アイデアをアイデアのままに終わらせずに、現実化させようとする。
 なぜなら、現実化されないアイデアなんて何の役にもたたないことをよく知っているから。現実化する過程こそ価値があることを知っているから。

だから、 何回も何回もダメ出しされる環境に身を置きながら、 他人の考え方をどんどん真似し吸収し、 アイデアをとにかく現実化し続けること。
これが、ルーティーン作業をただこなす人からクリエイティブ作業ができる人への、脱皮の近道で、 君は現在まさにその途上にいる。

年を取るごとに壁を作るのが上手くなって、確保した安全な場所でどんどん馬鹿になっていく。自分が馬鹿であることをすっかり忘れたとき、そこに怪物が出来上がる。

Twitter / 有理化

くろーず まいんど

もんすたー

(via firedfly) (via sett4) (via iyoda) (via pinto) (via ak47) (via fukumatsu) (via yaruo) (via gkojax) (via rosarosa, nezzz) 2010-02-03 (via yasaiitame) (via mcsgsym) (via dannnao) (via nemoi) (via oosawatechnica) (via okusare) (via kiriy) (via vhodnk)

(via veriamicirari) (via sukekyo)

(via hutaba) (via hughughug) (via konishiroku) (via twinleaves) (via nobby0-0)

(via poizunesu) (via poochin) (via mmmmmmmmmy)


親切で好意的な見知らぬ人と日にわずか数分でも同じ空間で過ごしていたら、私たちはより楽観的になり、自尊心が高まり、より大きな安心感と周囲の環境とのより強いつながりを感じるようになり、人生をもっと楽しむようになるということが、研究によって明らかになっています

日本のクリエイティヴは「製造業」たりえるか?:『シドニアの騎士』にみるCGスタジオの起死回生 « WIRED.jp

tamotea:

NAUT - 171 | 01_Resize standard furniture  Plate book…

Scaling Down Agile: The perfect Agile setup"と題したブログ記事では,筆者のErwin van der Koogh氏が,自身の考える"理想的なチームソリューション"として,小チームで作業する方法を提案している。

タスクではなく,問題を与えてください (…) 問題を解決する上で,彼らの創造性を発揮させることが簡単にできるはずです。このような自立性を持った問題解決は,メンバの意欲と熱意を引き出す上で最良の方法でもあります。

必要な人材がチームに揃っているようにします (…) 問題を真に理解する,ユーザや利害関係者と対話する,データを解析する,ユーザエクスペリエンスをデザインするといったことは,氷山の一角に過ぎません。

必要なリソースをチームに提供するのです。

チームに実験をさせてください (…) もっともリスクの低い方法は,利害関係者やユーザ,顧客を参加させることです。

2週間のイテレーションが支えになります (…) ツールはすべてありますし,ほとんどは無償です。これらを使えば毎日,あるいはそれ以上の頻度でのリリースも可能になります。


被験者には事前に電気ショックを体験させ、お金を払ってでも電気ショックを受けるのは嫌と答えた男性18名、女性24名だけが選ばれた。しかし、ボタンを押したければ押してもよいと被験者に伝えたところ、男性12名、女性6名が退屈しのぎに自らボタンを押したという。

頭脳・感情労働で「疲れた」と認識できない疲労が、眠るという最大の疲労回復のチャンスを奪い、知らない間に我々は「第2段階のムリ」に陥ってしまうのだ。

JGAP寄稿者短信:「デザイナーの話」(大橋 紀之さん、カルフォルニア大学アーバイン校) -ニュース | 一般社団法人 日本ギャップイヤー推進機構協会(JGAP)

必要なものは世界を変えない。欲しかったものに出会った人は、見える世界がそれまでとは少しだけ異なってくる。後戻りはありえない。

結果を目的にしてしまうと結果が出ないのである。

アニメの影響でシドニアの騎士を読んだ編集さんが「あんなに説明しないでポンポン投げっぱなしにして進んじゃうマンガはじめて読みました」とか言ってたので「あれは二瓶さん作品の中では信じられないくらい読者のことを気遣って丁寧に説明されている超初心者向け作品です」ということを熱く語ってきた

子ども時代に両親や教師から受けるフィードバックは、自身の能力に対する潜在的な認識を形成するうえで大きな影響を与える。能力を生得的で変えられないものと考えるか、努力と訓練次第で伸ばせるものと考えるか、なども影響される。学校で好成績を収め、「頭がいい」とか「賢い」、「なんて優秀な生徒だ」などとほめられたとしよう。こうしたほめ方は、「頭のよさや賢さ、優秀さといった性質は、(生まれつき)持っているかいないかのどちらかだ」という考えを暗に伝えてしまう。「頭がいい」とほめられた子どもたちは結果として、学ぶのが非常に難しいことに直面した時、それを「いっそうの集中と努力が必要とされる機会」と考えるのではなく、「自分が優秀さや頭のよさを持っていない証拠」だと受け取ってしまうのだ。

 ちなみに、これは特に女性によく当てはまる。女の子は、自己を律することを男の子よりも早く学ぶ(行儀よく座って集中していられる、など)。そのため「いい子だね」とほめられる場面が多くなり、「いい子であること」や「頭のよさ」を生来の性質だと受け止めるようになりやすいのだ。たとえばドゥエックが1980年代に行った研究では、特に馴染みのないことや複雑なことを子どもに学ばせると、利口な男の子よりも利口な女の子のほうが諦めが早いことがわかった。また、女の子のIQが高いほど、諦めてしまう確率も高かった。それどころか、成績がオールAの女の子たちが、最も救いようのない反応を示したのである。


たとえば、信号を赤か青のどちらか一つのライトだけにする必要があれば、工学者はまちがいなく青いライトを選ぶだろう。何故なら、万が一、電球が切れたときに、「停止」の意味になるからだ。逆に赤いライトを用いた場合は、危険な事態を招く。これが安全側のデザインと呼ばれるものである。
森博嗣『どちらかが魔女』 (via s569)

(via mmmmmmmmmy)



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
Powered by Tumblr. mnchrm theme by bustee.