78本の指を持つギタリストや、22本の腕を持つドラマーなど、3体のロボットで結成されたバンド「Z-Machines」がアルバムをリリースした。

円城塔、日本人2人目のフィリップ・K・ディック賞特別賞を受賞 « WIRED.jp

特に、日本人の他者に対する信頼感のなさは驚くべきものがありますね。私はここ数年間にわたって、日本と中国、台湾、韓国をインターネットで結び、「信頼ゲーム」という実験を実施してきました。日本人が日本人を信頼するのと、日本人が中国人を信頼するのはどう違うか――というように、国民ごとの信頼感の差を調べようと思ったんですね。

 この実験ではっきりしたのは、他者に対する信頼の程度が日本と中国では全く違うということでした。意外に感じる人も多いでしょうが、中国人が日本人を信頼するよりも、日本人が日本人を信頼する程度の方が低い。参加者は学生でしたが、とにかく他人を信用していないんですよ。国民全体を対象にした大規模な質問紙調査の結果を見ても、日本人の一般的な信頼の低さは、ソマリアやモルドバなど紛争をしている地域と変わらないほどの低さでした。

信頼社会への近道は「損して得取れ」:日経ビジネスオンライン (via gkojax) (via nagas)
2009-04-06 (via gkojay) (via etecoo) (via twinleaves) (via konishiroku) (via kml) (via taxima2) (via daytri) (via vmconverter) (via ipodstyle, clione) (via rosarosa-over100notes)

顔見知りを信用する以外の信用の仕方を習ってない。契約とか。

(via daxanya1) (via lovecake) (via petapeta) (via bbk0524) (via deli-hell-me) (via yaruo) (via cygnetmix) (via y-u) (via hkitago) (via count6updown) (via carandache) (via shinoddddd)

できることを淡々とこなし、できるかもしれないやりたいことに手を伸ばそう

だと思ったー。任天堂レトロゲームの難しさが科学的に「NP困難」だと証明される:コタク・ジャパン・ブロマガ:kotakuチャンネル(コタク・ジャパン) - ニコニコチャンネル:社会・言論

Tokyo Midtown Design Hub

Tokyo Midtown Design Hub


消費税増額分の2円切手を貼っての感想。購入も貼るのも手間で面倒くさい。でもどうしてもイラッとできない。完全なる挿画の勝利。いたいけでかわいいうさぎのモチーフな上に配色が白と薄紫とか。鬼のデザインか。郵便局に「国民がなるべくイラッとしないデザイン選択プロジェクト」があったと推察。

「掃除機を買いたい」
「どんな掃除機がほしいですか? 機能は? 価格は?」

 このガイド方法は悪い例だ。「掃除機が欲しい」と漠然と考えている人(ニーズ)に、機能や価格といったウォンツ要素を質問しても、かみ合わない。

「掃除機を買いたい」
「部屋の広さは? 床の素材は?」

 利用シーンを訪問者に想像してもらい、機種を絞り込んでいく方法がニーズをウォンツにするための大切な手法だ、と解説した。


私たちは旅先で思う。見知らぬ、興味深い土地にいるからこそ自分はいま幸せな気分なのだ、と。そうではない。私たちが幸せを感じるのは、自分は今見知らぬ、興味深い場所にいるんだという思い込みが、私たちに知覚という槍を普段の二倍の力で投げさせるからである。
 トムが楽しげに塀のペンキ塗りをすることによって、友だちをペンキ塗りに誘い込むとき、トムは彼らをだましているわけではない。友だちは事実ペンキ塗りを楽しんでいるのだ――塀のペンキ塗りはつまらない行為だという思い込みはもはや捨て、自分の情熱をすべてペンキ塗りに注ぎ込んでいるからである。
 退屈だ、嫌だ、と私たちが思い込んでいるものが人生には多々ある。だが実はそういうものも、私たちが金を払って手に入れているもの以上に退屈でも不快でもない。すべては私たちの態度によって決まるのだ。退屈な人生やわくわくする人生があるわけではない。私たちが退屈したりわくわくしたりしているだけだ。」 (『超読書体験』から)

システム開発、カレー作りで言うなら、手慣れた主婦や主夫なら2人で済むところに、小学生30人くらい突っ込むイメージですね

オヤジBさんがワープロソフトを使っているとき、削除したい部分を範囲指定し、ドラッグしてゴミ箱に捨てようとした話だ。もちろん、ゴミ箱に捨てられるのはファイルとフォルダだけで、文字列は捨てられない。Bさんは何度も試し、たびたびPCを再起動したが、らちがあかない。だれかが「それは無理だ」と教えてあげたのだが、Bさんは「文字を小さくしたのに」とフォントサイズを下げたのにゴミ箱に入らないことが許せなかったようだ。この話を20世紀末に知人から教えてもらったとき、MacとWindowsの別なくGUIの致命的欠陥を知った。メタファーは難しいのだ。

本当にあった脱力PC話: 論駄な日々

これはかなりいいところをついていると思う。

(via bgnori)

Macでやったらできた。

(Source: buru, via mmmmmmmmmy)


先生は僕たちのトランプを全部没収していってしまうと思いきや

ひょいひょいと2、3枚だけつまんで持っていったのです。


『あー、全部没収されなくて良かったー』

と、僕のスーパーインテリジェントな脳が一瞬誤判定したのですが

2、3枚のトランプを没収されただけで

実はほとんどのトランプゲームが遊べなくなったという事実に

僕は衝撃を受けたのでした。


こんなにも最小の攻撃で最大のダメージを相手に与えることができるのか、と。


『相手の弱点を見極めて、そこを攻めることの大切さ』

『最小のコストで最大の効果を得ることの重要性』

『柔よく剛を制す』

『レバレッジを効かせる』


先生。

お元気ですか。

僕はあのときのトランプで何よりも大きな物を学びました。


あと、トランプを買うときには同じセットを複数購入することにしました。


coromegane:

2014/3/27
私生活でいろいろあるときに限って仕事も忙しいもの。
煮つまってうきーっ!となりそうになるけど、私はタバコも吸わないし間食も基本的にしない。なので、仕事中にできる気分転換となると限られていて、最近では手を洗うことぐらいしか楽しみがない。
しかしこれ、経験的にやっていたことだけど実は心理学的にも裏付けがあるらしい。同様に、皿洗いや掃除も効果的だとか。
人間、知る前にわかっていることは案外多いもんだな。

coromegane:

2014/3/27

私生活でいろいろあるときに限って仕事も忙しいもの。

煮つまってうきーっ!となりそうになるけど、私はタバコも吸わないし間食も基本的にしない。なので、仕事中にできる気分転換となると限られていて、最近では手を洗うことぐらいしか楽しみがない。

しかしこれ、経験的にやっていたことだけど実は心理学的にも裏付けがあるらしい。同様に、皿洗いや掃除も効果的だとか。

人間、知る前にわかっていることは案外多いもんだな。

(via hetmek)


逆に、デジカメやVHSやCDなどの、過去の日本の大ヒット商品は、アンチサラリーマン根性で作られていたように思います。

「会社の言う事聞いていると進まないので、やっちゃいました的」精神でボトムアップで作られたものが多いです。つまり、エラい人が知らない間に、勝手に作ったものが商品化されたことが多いです。いわゆる「闇研」というものです。

しかし、最近は、ガバナンスだとか、セキュリティだとかいう話で、それができなくなってきたように思います。「プロジェクトX」で見た限り、デジカメの開発は、闇研で社内で無許可で作っていたので、開発費の経費伝票は、ほぼ虚偽記載で、ポータブルテレビの研究案件で処理していたと聞いてます。

映画「日はまた昇る」を見る限り、VHSの開発予算も、開発研究費ではなく、名目上は「法人用ビデオの修理予算」で回していたように見えます。たぶん、今だったら、ガバナンスとかコンプライアンスとかで死にます。


Notchが『Minecraft』のOculus Rift公式サポートを白紙へ、Facebookの買収に対し「ソーシャルとは働きたくない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
Powered by Tumblr. mnchrm theme by bustee.